免税関連インバウンドケーススタディ

topics 2016/6/8

インバウンド消費拡大のマッチングサイト:インバウンドサポートに免税関連のケーススタディ(事例)がアップされました。ぜひご参照ください。

一括カウンターについて

2015年4月から、免税販売手続を第三者に委託する制度が創設された。通常の一般型免税店では各店舗で免税対象額を超えないと、免税が適応されなかったが、新制度の下では、商店街や商業施設内の手続委託型免税店間で、他店との合算も認められることになったのだ。

そして、それらの店舗をまとめる免税の一括カウンターの創設が増えている。これらの最新の動きをレポートした。

詳細はこちら

クルーズ船と免税対応

2015年度の訪日クルーズ旅客数は、前年度比2.7倍、人数も100万人を突破をした。

外国船社が運航するクルーズ船の日本国内港湾への寄港回数は965回、日本船社も含めると1,452回に及ぶといわれている。特に中国人によるクルーズ船での訪日が増えている。クルーズ船受け入れにより地方活性化に取り組む鳥取県境港の取り組みを取材した。

詳細はこちら

免税システムについて

免税店が急激に増加している。観光庁の発表によると、2016年4月1日時点での全国の免税店数は、合計3万5,202店となった。1年前の2015年4月1日時点では、18,779店であり、わずか1年で87.4%増となっている。これまでにない大きな伸びだ。

外国人客にスムーズに対応できるように、商業施設でも免税システムを導入する動きがある。これから導入を検討しているお店に向け、代表的なものを会社ごとに紹介する。

詳細はこちら

会員限定コンテンツを見る

会員登録していただくと、免税店.jpの限定コンテツをチェックできます。メールマガジンを受取ることもできます。

セミナー・イベント情報

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

ページの先頭へ