一般物品と消耗品を合算して免税販売するためには、どういった要件が必要なのでしょうか?

2018/6/28

合算した一般物品についても、特殊梱包が必要であるなど消耗品と同じ要件が求められます。

<消耗品の要件>
・5000円以上~50万円まで(同一日、同一店舗、同一人物に対する税抜き合計金額)
・特殊包装要
・国内開封・使用不可
また、合算した一般物品については、消耗品として購入記録情報に記載する必要があります。

会員限定コンテンツを見る

会員登録していただくと、免税店.jpの限定コンテツをチェックできます。メールマガジンを受取ることもできます。

セミナー・イベント情報

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

ページの先頭へ