港に臨時免税店を設置するには?

topics 2016/2/15

クルーズ1

クルーズ船等が入港する桟橋などに期間限定の臨時免税店を出すことができます。ここではその場合のポイントを確認しましょう。

臨時免税店のメリットは?

  • ①クルーズ船が入港する繁忙期のみの対応とすることができる。
  • ②自社店舗に乗船客が立ち寄れない遠距離にあっても、事業者みずから港に出店することで免税販売ができる。
  • ③乗船客も購入品を運ぶ手間が大きく省略できる可能性があり、大型商品の販売の可能性も。

登録方法は?

  • ①輸出物品販売場の登録をしている事業者であること
  • ②臨時施設では一般型として対応すること(委託販売は不可)
  • ③臨時店舗を設置する場所は、事前に自社の事前承認港湾施設として登録しておくこと。
  • ④登録許可を受けた事前承認港湾施設には、設置前日までに臨時販売場設置の届け出を行なうこと。

(登録は通常の手続きと同様、事業者ごとの所轄税務署です。事前承認港湾施設として指定する港湾施設は、港湾管理をするものから別途許可を受けておく必要があります。)

販売方法は?

出店している期間は、通常の輸出物品販売場と全く同じ対応となります。

会員限定コンテンツを見る

会員登録していただくと、免税店.jpの限定コンテツをチェックできます。メールマガジンを受取ることもできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

ページの先頭へ